無料のワードプレステーマ「TIJAJI」により初心者でも扱いやすくなるように機能を追加したWordPressテーマです。

分からないことをネットで検索している時や、興味がある事をネットサーフィンをしている時など、WordPressで作られたサイトをよく見ますよね。

WordPressは誰でも無料で利用することができ、カスタマイズ性の高さから今とても人気です。

ブログサービスのように広告が表示されたりしませんし、サーバーもドメインも自分で自由に選べます。

頻繁に更新されているのでセキュリティ的にも安心できるのではないかと思います。

そんなWordPressにはテーマがあり、テーマを好きなものに着せ替えるような事も可能です。

TIJAJI Plusはそのテーマの1つです。

有料、無料、海外産、国産などなどたくさんのテーマが溢れていますが、このTIJAJI Plusをあたなが使用するテーマ候補の1つに挙がればといいなと思います。

TIJAJI Plusに追加された主な機能

SEO関連

タイトルタグやタイトルセパレーター変更機能。OGP情報自動出力、設定機能。アクセス解析設置用フィールドなどテーマカスタマイザーに追加。

<title></title>タグの中身をプラグインなしでセパレーターを含めてある程度カスタマイズが可能です。

検索結果に表示された時にユーザーの目に取りまりやすいようにアレンジしてみてください。

FacebookのOGPメタタグ、Twitterカードのメタタグも自動出力が可能になりました。アカウントIDなどの設定も行えます。

自由入力欄も用意しているので不慣れなPHPファイルをいじることなく、Google Search Consoleの認証用メタタグやアクセス解析コードの設置が行えます。

デザイン関連

無料版のTIJAJIにあったテーマカスタマイザーのサイドバー見出し装飾機能を他の箇所にも追加。

新たにカスタマイズできるようになったのは以下の通りです。

  • ヘッダーメニュー背景装飾
  • ヘッダーメニューリンク装飾
  • サイドバー見出し装飾
  • サイドバーメニューリンク装飾
  • 記事見出し装飾
  • 記事H3見出し装飾
  • 記事H4見出し装飾
  • リストページ見出し装飾
  • リストページのアイテムタイトルの装飾
  • フッター見出し装飾
  • フッターウィジェットメニューリンク装飾

ウィジェット関連

無料版のTIJAJIで4つだったウィジェットエリアは倍の8つに増えました。

新たに増えたウィジェットエリアは以下の通りです。

  • 記事の上
  • ヘッダーの右
  • トップページの上
  • トップページの下

また、TIJAJI Plusだけのオリジナルウィジェットも5つ追加されています。

  • 最近の投稿 [TIJAJI]
  • 投稿者情報 [TIJAJI]
  • SNSシェア [TIJAJI]
  • 関連記事 [TIJAJI]
  • 会社情報 [TIJAJI]

あなたは以下のように悩んでいませんか?

  • WordPressがすごいのは分かるよ。でもカスタマイズが大変そう。
  • WordPressっていいらしいけど、ブログサービスの方がカスタマイズしやすくない?
  • これからワードプレスをはじめたい!でもデフォルトのテーマがいじれないorz
  • functions.php?WP関数?アクションフック?なにそれうまいの?
  • HTMLやCSSはある程度分かるけどPHPが分からないよ><

ブログサービスのように記事の投稿ができるWordPressですが、カスタマイズとなるとどうしてもPHPの知識が必要になってきます。

便利なプラグインはたくさんありますがどれを使うか迷ったり、更新されていなかったり、日本語に対応していなかったりと不憫を感じることもあるでしょう。

TIJAJI Plusのコンセプトは、“PHPが分からない方でもWordPressを身近なものに” です。

最近のWordPressではテーマカスタマイザーといってPHPファイル(テーマファイル)を直接いじらなくてもカスタマイズできる仕組みが発展してきました。

TIJAJI Plusではそのテーマカスタマイザーを活用し、ブログサービスのように簡単にいろいろなカスタマイズを出来るようにしました。

ただ記事を書くだけじゃサイトを運営していてもつまりませんよね?

「ここをこうしたい」「あそこはこうがいい」などいろいろいじって個性を出していくのも楽しいと思います。

デザインもいじりたいと思いませんか?

正直他のWordPressテーマにもテーマカスタマイザーで機能を充実させているものはあると思います。

しかし、個人の見解ですがデザインの自由度が低く感じます。

例えば

  • 見出しの色や大きさは変えられる。でも背景や枠線、グラデーション、影はどうですか?
  • 新着記事に画像を表示させるプラグインはある。でも画像の大きさや配置は?
  • 関連記事を表示させるプラグインはある。でもデザイン部分でCSS記述を要求されても分からない。

などです。

もちろん、デザインについて勉強をしてCSSが分かるようになるのが一番ですが、めんどくさく感じる方もいるのではないでしょうか。

TIJAJI Plusではデザインに関してもある程度選択の幅を設け、個性が出せるようにしています。

TIJAJI Plusはどんな人におすすめ?

前述したとおり、WordPress初心者の方や、PHPの知識が乏しい方におすすめです。

開発もそのような方に使っていただくことを前提にして、今後も行っていきます。

サイトの種類は問いません。

個人ブログ、お店のホームページ、アフィリエイトサイトなどいろいろなジャンルのサイトに対応できたらなと考えています。

TIJAJI Plusをおすすめしない人は?

HTML、CSS、PHP、JavaScriptなどサイトを構成するのに使用する言語に詳しい方です。

テーマカスタマイザー機能は、これらの言語が分からない方にとってはありがたい機能ですが、分かる方にとっては無駄な機能なんです。

なぜなら、テーマカスタマイザーで設定しなくても直接PHPファイルをいじれば済んでしまうからです。

更に、テーマカスタマイザーの機能がPHPファイルやCSSを直接編集する時に、意図せず妨げるように働く可能性もあります。

なのでそういった方は、TIJAJI Plusとは逆に直接ファイルをいじってカスタマイズすることを前提とした余計な機能がないテーマが望ましいものと思います。

TIJAJI Plusは有料のサポートサイトからダウンロード可能です。

サポートサイトの利用料は年間8,640円(税込)です。

サポートサイトではTIJAJI Plusをダウンロードできるほか、最新のアップデート版の通知、配布も行っています。

また、カスタマイズや不具合に関するサポートも受け付けています。

1年経過後もサポートサイトをご利用になりたい場合は、1年追加の更新料として5,400円(税込)をいただきます。

(TIJAJI Plusテーマが使用できなくなる訳ではありません。サポートサイトへアクセスできなくなります。)

TIJAJI Plusのライセンス

PHPファイル GPL
JavaScriptファイル GPL
画像ファイル 再配布不可
CSSファイル 再配布不可

TIJAJI Plusは100%GPLではなく、画像とCSSファイルを再配布不可とするスプリット・ライセンスとさせていただいています。

画像ファイルの著作権はTIJAJI Plusの作者である私にもなく、撮影者さんとなっており、私はその撮影者さんから2次布禁止という条件付きで許可を得て配布しています。

利用サイト数や、利用サイトのジャンルなどに制限はありません。

何サイトでも、どのようなサイトにでもお使いいただけます。

TIJAJI Plusの動作環境

PHPバージョン 5.3以上
WordPressバージョン 4.8以上
MySQLバージョン 5.6以上

TIJAJI Plusお申込み前に必ずご確認ください

無料で配布している「TIJAJI」をダウンロード、お使いのワードプレスにインストールし、テーマカスタマイザーが正常に動作することを必ずご確認ください。

Xサーバー、さくらサーバー、COREサーバーなど大手の有料サーバーでは問題ないと思いますが、あまりに低価格なサーバーや無料サーバーなどでは正常に動作しない可能性もあります。

サポートサイトの年間利用料はその形態の特性上、返品・返金ができないので「動くと思っていたけど実際は動かなかったら返金してほしい」という申し出に応えることができません。

また、「思っていたものとは違ったから返金してほしい」という申しでにも対応することができませんのでご不明な点がありましたらご購入の前に必ずお問い合わせください。

「公式サイトで○○ができると書いてあるけどこれは○○ということでいいのか?」などのお問い合わせも同様にお願いいたします。